投資信託とは

投資信託という金融商品とそのメリット

投資信託は、
一般的には『投信』『ファンド』と呼ばれ、
銀行・郵便局など金融機関や証券会社などの『販売会社』が多くの投資家から資金を集め、
それを『受託会社』がひとつにまとめて信託財産という大きな資金にして、

 

『運用会社』である投資の専門家が運用するという仕組みの金融商品です。

 

 

集まった資金は、公社債や株式などの有価証券や不動産などに分散投資され、
その運用益は投資家が投資した割合に応じて還元されます。

 

但し、運用成績が元本割れしてしまった場合でも、販売会社や受託会社、運用会社が元本保証をするものではありません。

 

 

しかし、販売会社や受託会社、運用会社が破綻をした場合でも資金を失う心配はありません。

 

それは法律により資金が守られているからです。実際に資金を管理するのは受託会社である信託銀行です。

 

法律ではその信託銀行の資金と、投資家から預かった資金は別々に管理することが義務付けられているからです。

 

受託会社である信託銀行が破綻したとしても、投資家から預かった資金がなくなってしまうことはないのです。

 

 

その他の販売会社や運用会社が破綻したとしても、
別の販売会社や運用会社が替わって業務を行うので、心配はありません。

 

仮にどこもその業務の受け手がなかったとしても、
預かった資金は運用損益と投資割合によって投資家に返還されるので、その場合でも心配することはありません。

 

 

 

 

■投資信託のメリット■

 

・共同投資によって可能になるスケールメリット
資金がまとまることで、個人では投資できない短期金融商品や金融派生商品(デリバティブ)などの高額な投資対象にも大口投資が可能になります。また、複数の多様な資産に分散投資することが可能になります。

 

 

 

 

・分散投資によってリスクを軽減
分散投資にはリスクを分散させることで軽減させる効果を見込むことができます。
分散投資の中には、商品分散・業種分散・銘柄分散・通貨分散・国際分散など、様々な分散方法が存在しています。

 

 

・専門家によっての運用・管理
資産の運用や管理を専門家に託すことは、個人で容易にできない幅広い情報を収集し分析、活用することができます。

 

 

・少ない金額での購入が可能
通常、株式や債券といった投資商品を購入する場合には、ある程度まとまった資金を必要とします。
しかし投資信託では、1万円程度から投資することが可能です。

 

 

・高い透明性
原則として、取引価格である基準価格が毎日公表されています。
そのため資産価値や値動きなどもわかりやすい金融商品といえます。
また、決算ごとに監査法人などによって監査を受けているので、透明性が高いということがいえます。


個人投資家の勧め

投資信託のメリットはプロに任せっぱなしで、預金以上の利益が出せると言う事ですが、

 

どうせなら、

 

個人投資家への道をお勧めします。

 

個人投資家なんて言うと、すごくリスクが有りそうに聞こえてしまいますが、

 

元々、投資と言うのは、ハイリスクとローリスク 及び、ハイリターンとローリターン

 

この4つを如何に上手に組み合わせる事が出来るか?が大事なのです。

 

まあ、投資信託と言うのはこれらをプロが行なっていると言う事になるのですが、

 

自らがこの運用が出来るようになると、年利5%だったものが、年利15%とかに跳ね上がるわけなのですww

 

当然、複利で運用するわけですから、その差は歴然となってしまいます

 

なんと言っても、我々の持っている時間は有限なのですから(^^ゞ

 

投資信託以外にも触手を伸ばしてみようかとお思いの方には下記サイトの参照をお勧めします。

 

投資の勉強

 

ハイリスク型からローリスク型までの投資関連の解説をしていますので、
まずは、投資の概要を勉強してみてください。

 

概要がわからないと専門書なども何を買ってよいかもわかりませんので、まずは自分の方向性を決めるためには
投資概念、概要、種類、現状などを把握する事が大事になるのです。

 

ただ、一度覚えてしまえば、あとは楽々人生が待っているのも事実ですよ!(^^)

 

まずは、行動あるのみです!!